シャカつく!オリジナル社歌をつくろう!

シャカつく!オリジナル社歌をつくろう!

突然ですが…オリジナル社歌つくりませんか?

昔ながらの朝礼前に社員全員で歌うあの「社歌」が
カタチを変え、いま大きな注目を集めています。

社員たちが中心となって、自社のブランディングや
採用プロモーションとして活用する企業も増えており
Web上では社歌動画の配信コンテストまで
開催されるなど、世は空前の社歌ブーム!

社歌は新時代の
「C.I=コーポレートアイデンティティ」です。
会社のイベントや企業説明会をはじめ
メディア・SNSでの発信など活用法は無限大!
貴社の新しい「顔」となるような
オリジナルソング制作を“シャカつく!
”がお手伝いします!!

イマドキ社歌は、こんなシーンで活用すべし!

周年事業
企業の創立記念の節目に、全社員が盛り上がる周年事業の一環として。
採用・イベント
新卒説明会、企業出展イベントなどで学生や取引先へのPRコンテンツとして。
各種CM
企業イメージを集約した社歌は、そのままショートサイズ化してラジオ/TV-CM化することも。
webサイト
自社サイト、採用特設サイトで露出することで社風や企業風土を魅力的に発信!
SNS
「歌ってみた」「踊ってみた」など企業発信の新しいカタチとして。
若年層ユーザーに刺さる「社歌」の活用法をご提案します。

シャカつく!による社歌づくりのフロー ※一例です

歌詞を考えよう! 歌詞を考えよう!

①イメージフレーズの抽出

まずは会社を表すフレーズを書き出していきましょう。
「我が社といえば?」=自社のアイデンティティが自然と
可視化されます。
※社内に「作詞」「作曲」のできるスタッフ様がいらっしゃる
  場合はよりオリジナリティを尊重した楽曲制作が可能です!

企画会議! 企画会議!

②シャカつく!とのお打ち合わせ

ご用意いただいたイメージフレーズや、「こんな曲に
したい!」などのご要望をもとにサウンドクリエイターを
交えてお打ち合わせをさせていただきます。(平均1〜2回)

デモ楽曲のご用意! デモ楽曲のご用意!

③高品質なデモ楽曲をご用意します

お打ち合わせ後2〜3週間で、サウンドクリエイターによる
デモ歌唱のサンプル楽曲をお送りします。その上で再度
お打ち合わせ。
内容次第ですがブラッシュアップに平均2週間。

レコーディング! レコーディング!

④選抜社員orプロ歌手による歌唱収録

楽曲が完成したらカラオケ音源をご用意します。
社員の皆さんでレッツレコーディング!(スタジオ使用料別途)
もしくはシャカつく!いちおしのアーティストに歌唱をお願い
することもできます。

MV制作&コンテスト出展も!! MV制作&コンテスト出展も!!

⑤高品質音源データやCDメディアにて納品

最終ミックス作業を経て、完パケデータをご納品。
初回のお打ち合わせから最短1ヶ月ほどで社歌が完成!
社歌のイメージに合わせたオリジナルMV制作、さらに
社歌コンテストなどへのエントリーもお手伝いします!

シャカつく!の制作サンプル

シャカつく!の運営会社リビコーの社歌を
作ってみました!
いろいろな曲調、トーンでサンプルを制作することができるのでイメージ通りの社歌が生まれます!

●フォー オール ディライト
(リビコー社歌)♪歌詞

●フォー オール ディライト
(リビコー社歌)♪

作詞:沼倉智章 作曲:長井計

武蔵氷川のビル陰に まぎれて我ら此処にあり
広告づくりは 人づくり 田づくり 子づくり 若づくり

夢乗り合わせる 大宮で 出会った我ら 広告人
広告づくりは 夢づくり 今日のおすすめ 活きづくり

おもいをこめた 広告で 笑顔あふれる よろこびを
ねがいをこめた 広告で 集客あふれる 売上を

フォー オール ディライト フォー オール ディライト
意外に高い メガネ率

フォー オール ディライト フォー オール ディライト
リビコー一味 ここに集う

競合コンペ 勇ましく あゝ費やした血と涙
夢やぶれても つつましく 明日はきっと勝てるはず! 

フォー オール ディライト フォー オール ディライト
結構高い メタボ率

フォー オール ディライト フォー オール ディライト
リビコー一味 ここに育つ


フォー オール ディライト フォー オール ディライト
どいつもこいつも お人好し

フォー オール ディライト フォー オール ディライト
リビコー一味 永遠(とわ)に学ぶ

Liner Notes

「社歌」といってまずイメージしたのが甲子園で勝利校が野太い声で歌う「校歌」みたいなものだったので、歌詞は全て7・5調で作りました。
フォーオールディライト(For All Delight)というのは当社のスローガンなのですが、これもネイティブのような発音の良い歌い方ではなくてあくまでカタカナで「フォーオールデライト」ぐらいの調子。
そこに曲をつけていただいたのですが、ピアノジャズのような、往年のKANさんのような、ちょっとビリージョエルのようななんとも言えないかっこいいメロディをneuclassicの長井さんが創ってくれました。 歌詞には当社の「リビコーといえば?」がふんだんに盛り込まれています。
意外に高いメガネ率(44%)、そしてどいつもこいつもお人好しなのがリビコーの特徴です。
「広告づくりは人づくり」は創業以来唱和され続けてきた当社の企業理念です。
背伸びをしないありのままのコーポレートソングで、未来永劫愛される企業になりたいという想いを込めました。

●For All Delight
〜行き先はいつも雨〜♪歌詞

●For All Delight
〜行き先はいつも雨〜♪

作詞:沼倉智章 作曲:長井計

行き先はいつも雨 それが君の運命
ロケハン(延期) 撮影(バラし) ビアガーデン(中止)

だけどきっと 明日は晴れる
僕らはそれを 信じてる

For All Delight 君のよろこぶ顔が見たいから
For All Delight あえて傘をさしたりしない
For All Delight 雨男は誰だ?なんて
犯人探しはしないさ
Yah Yah Yah Yah …

旅先はいつも雨 不思議なくらいにね
東京湾(降雨) 沖縄(台風) 甲子園(スコール)

だけどきっと いつかは晴れる
僕らはそれを 信じてる

For All Delight 君のよろこぶ顔が見たいから
For All Delight あえて梅雨時にバーベキュー
For All Delight キャンセル料取られるけど
罪を着せたりはしないさ
Yah Yah Yah Yah …

優しい風につつまれて どこまでも登っていこう
雲間に見えた太陽 晴れの日だけ仕事しよう (Liviko〜)

For All Delight 君のよろこぶ顔が見たいから
For All Delight あえて傘をさしたりしない
For All Delight 天気予報を見てきたから
そんな迷信は 信じないさ
Yah Yah Yah Yah …

Liner Notes

突然ですが、あなたは雨男を信じますか…?それは、にわかには信じがたい迷信のようなものです。
しかし確実に、天候をさらっと切り替えてしまう人間がリビコーには存在するのです。
まるで、逆天気の子…「今から雨降るよ」のごとく。晴れ予報をことごとく雨にしてしまうのです。 しかし雨男などというものはこれといった科学的根拠があるわけでもなく、絶対にその人のせいとは言えないので、
例えその人が参加するロケハンが2回も3回も延期になったとしても、撮影が3回も4回もバラしになったとしても、
そしてみんなが楽しんでいるビアガーデンの最中に雷雲を連れてきたように見えたとしてもみんな笑って許してくれる。
そんなリビコーのハートウォーミングストーリーを往年のAS●A風サウンドに乗せ、はじまりはいつも●風の歌い回しで作られたのがこの曲です。
曲間に聞こえるまるで人名のようなバックコーラスは、幻聴の一種と捉え聞き流していただけると幸いです。

●小さなしあわせ
For All Delight♪歌詞

●小さなしあわせ
For All Delight♪

作詞:岸本祐介 作曲:長井計

朝日があたる白い机
窓から漏れる陽が隠れる
太陽よりも輝く光が集まる
全てを照らすよ

昼下がりの大宮でさいたまを眺める
こんなお店があったのか
こんな会社があったのか
知らないことが多いから全てを知ってる景色に変えてみたい

どんな陽よりも暖かく
どんな陽よりも眩しくて
小さな幸せと瞬間を大切にしたい
For All Delight

夕焼けに染まる街を眺めて
昼より明るくなる街を見つめて
今日もここで幸せを感じてる
ああ 1日が終わる

夜 街の灯が眩しい
1日充電したのかな
活気溢れる南銀の
溢れる宴を聴きながら
僕たちは明日に備える

どんな陽よりも暖かく
どんな陽よりも眩しくて
小さな幸せと瞬間を大切にしたい
For All Delight

Liner Notes

日々忙しく過ぎていく毎日の中で、ふと立ち止まって私たちが働く街の様子を眺めた1 日を曲にしてみました。
社歌では会社のことを歌うことがセオリーですが、地域に根付いた広告会社として街全体の将来に想いを馳せたハートフルな内容になっています。
当社のスローガンである「F or All Delight Delight~すべての喜びの為に~」を大宮にも感じたからこそできた楽曲だと思います。
朝、昼、夕、夜と時間が流れる歌詞にシンプルで綺麗なメロディが、どこかエモーショナルな雰囲気を与えて、愛する大宮の情景をそのまま表しています。
いつか年を重ねてこの曲を聴くときも、変わらない景色が残っていたらいいなという願いも込めてみました。
皆様も是非大宮にお越しの際は、いろんな時間帯で街全体を楽しんでみてください。
色々それっぽい事言っているけど、ただ朝から晩まで会社の窓からぼーっと街を眺めていただけじゃないのかって?
それは気のせいです。気のせいにしてください。どうか見逃してください。

参加クリエイター/アーティスト

Tomoaki Numakura
クリエイティブディレクター。
主にアナーキーな作詞が得意だよ!
Kei Nagai
音楽講師も手がけるサウンドクリエイター。
色々なジャンルの楽曲を作れるよ!
Kazutoshi Fujiwara
大阪の看板屋兼サウンドクリエイター。
ザ・大阪!なエモい曲を作ってくれるよ!
Minehaha
CMソングの女王。ミネハハに社歌の
歌唱をお願いすることもできるよ!
Nami Nakagawa
代表作「竈門炭治郎のうた」で有名な
歌手・声優・ナレーターさんだよ!
Yusuke Kishimoto
お茶バンド「tea party」のDrums。
社歌づくりを盛り上げてくれるよ!

シャカつく!に参加してくれるクリエイター・アーティストさん随時募集中!

どうやって社歌を作るの?社歌をどう活用するの? など、なんでもお気軽にお問い合せください!

お客様情報をご入力ください。

御社名必須
お名前必須  
フリガナ必須  
E-mail必須
電話番号
郵便番号  ご入力いただくと下記都道府県・市区町村が自動で表示されます。
ご住所
以降のご住所
ご相談内容

その他、詳しいご相談は下記のテキストボックスにご記入ください。